温熟成の
みへの飽くなき挑戦

「氷温R熟成肉」
おいしさの秘密

細胞は、氷温下、すなわち0℃以下のストレスにさらされると、
食品素材である生体は凍るまいとする自己防御機構が働き、不凍物質を蓄えます。
この不凍物質に含まれる遊離アミノ酸類や糖類は、うま味や甘み成分でもあり、
一年中で最も寒い大寒の旬(寒ざらし)の味覚・風味が再現されるのです。

株式会社丸善食品は、
単なる流通ステーションを超えた
アクティブな対応で情報鮮度を管理する
安定価格・安心供給が可能です。
基本である安全・安心・品質を元に
社内でのスムーズな連携を心がけ幅広い層の
お客様への対応に努めています。
また機械設備を充実させ、
作業効率や品質の向上を図っています。

流通経路

株式会社丸善食品は、単なる流通ステーションを超えたアクティブな対応で情報鮮度を管理する、
安定価格・安心供給が可能です。

機械設備

機械設備を充実させ、
作業効率や品質の向上を図っています。

自動真空包装機
シュリンク・チラー

 

自動真空包装機

包装内の空気を抜くことで、食品の乾燥を防ぎ、目方・品質・味・色を変えず、長時間保存できます。

シュリンク(湯煎機)・チラー(冷却機)

真空後、シュリンクに張った約85℃のお湯で、瞬時に外側を殺菌。

その後チラーに張った約3℃の冷水へ移し替え、 品質保持の為に冷却をします。

 

静電式エア急速凍結機

 

静電式エア急速凍結機

食品に電気エネルギーを与えて氷結晶の成長を抑えることで、組織破壊を防ぎます。

また、食品表面の乾燥を防ぎ、酸化を抑制します。

 

氷温熟成庫と熟成肉

 

氷温熟成庫と熟成肉

氷温熟成庫では、0℃以下の凍る一歩手前「氷温」 状態で、食品の旨みをぎゅっと閉じ込めたまま熟成します。

「氷温」で管理することにより、鮮度の保持と同時に旨みの貯蔵もできます。

 
Page Top